合宿免許 デメリット

合宿免許のデメリットについて

合宿免許のデメリット

合宿免許への参加を考えている人はメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットの部分にも目を向けておかなければなりません。

 

ほとんどの人が合宿免許は初めて参加するという人でしょうから、雰囲気なども分からないと思いますのでできるだけ情報はたくさん集めて本当に自分はそこでやっていけるのかを検討してみてください。

 

そこでここでは合宿免許のデメリットとなる部分についてお話していきたいと思います。

 

まずはじめに合宿免許はあらかじめスケジュールが決められており、自分で予定を立てることができません。

 

通常自動車教習所へ通う場合には自分の予定と合わせて教習時間を決めていくのですが、合宿免許の場合は決められたスケジュールに自分が合わせる形になります。

 

そして合宿地は自分の住民票がある場所以外のところから選ばなければなりませんから、ある程度のまとまった休みが必要になります。

 

さらに宿泊施設も1人部屋か相部屋か選ぶことは可能ですが、自宅から通うことはできません。

 

このように基本的にすべて自動車教習所側が決めたことを守って生活することになるので、自由度は一般の教習よりも低くなります。

 

また、集中的に教習をこなさなければならないため、合宿期間中はほぼ1日自動車教習所で過ごすことになります。

 

しっかりとした準備しておかなければなりませんし、体調管理にも気を配っておいたほうがいいでしょう。

 

以上の点が合宿免許のデメリットと言える部分だと思いますから、メリットと比較して申し込むかどうか決めてください。

合宿免許のデメリット関連ページ

合宿免許のメリット
合宿免許とは、どういうものかなど合宿免許のメリット・デメリットについて、わかりやすく解説しています。